研修会のお知らせ


 平成29年度厚生労働省補助事業「難病患者サポート事業」患者(相談)支援事業「重症難病患者のコミュニケーション支援者養成講義」

第1回かながわ難病リハビリテーション研修 コミュニケーション支援編

 

◼︎日時:平成30年3月3日(土)、4日(日)両日10:00〜17:00(受付:9:30〜)

◼︎会場:カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)大会議室(JR川崎駅東口、京急川崎駅より徒歩15分)

◼︎参加費:1000円 (資料代として・当日受付にて)

◼︎懇親会:1000円 (希望者のみ 2日目に研修会場にて開催)

◼︎定員:70名(定員に達し次第終了とします)→ 募集定員に達したため、受付を終了します。

※3日(土)のみ参加でよろしければ数席の空きがございますので、ご希望の方はお申し込みください。尚、3日(土)のみの参加の場合でも参加は同額である事をご了承ください。

◼︎プログラム:

3月3日(土)

10:0011:00  コミュニケーション支援技術総論  (神奈川リハビリテーション病院 作業療法士 中川翔次氏)

11:10〜12:40「目は口ほどにものを言う」透明文字盤のすすめ(吉野内科神経内科医院 言語聴覚士 山本直史氏)

13:40〜15:10 基本的な機器の使い方とレッツチャット操作 (レッツチャット開発者 松尾光晴氏)

15:20〜16:50 肢体不自由のためのスマホ・タブレット活用術(神奈川リハビリテーション病院 エンジニア 柏原康徳氏)

 

3月4日(日)

10:00〜12:00   触れてみよう!意思伝達装置とスイッチ (国立病院機構箱根病院 作業療法士 西森太郎氏)

13:00〜14:30  コミュニケーション屋台村 〜視線入力・スイッチ操作・透明文字盤など〜(当事者の方々が透明文字盤体験にご協力して下さいます)

14:40〜16:50  事例報告 (川崎市北部リハビリテーションセンター 作業療法士 濱口陽介氏、社会福祉士 浦田健司氏

                  当時者プレゼンテーション (当事者 高野元氏)

                  神奈川県における制度や支援体制 (企業組合S.R.D 寺田真智子氏)

17:00〜18:00  懇親会

 

◼︎主催:一般社団法人日本難病・疾病団体協議会

◼︎共催:NPO法人ICT救助隊、かながわ難病等リハビリテーション支援連絡会

◼︎協力:川崎市(ウェルフェアイノベーション推進事業)

◼︎後援:日本ALS協会神奈川県支部

 

 

会場への交通手段、研修内容の詳細などはチラシをご参照下さい 


申し込みフォームはこちら↓↓↓ 1人1件ずつお申し込み下さい

下記申し込みフォームに記載いただく個人情報は、当団体が実施する研修会の運営管理以外の目的には使用しません。また、法令に基づく場合を除きご本人の同意なく第三者には提供いたしませんので、本件ご同意のうえお申し込みください。

 

メモ: * は入力必須項目です